美容・健康情報館

実力抜群!必見!美容法

ボディスタイリスト大澤美樹『バストアップラボ』
商品詳細はコチラ

★日本初上陸!セレブ御用達の自宅で簡単バストアップ法
商品詳細はコチラ

数々のTVで紹介された驚愕の美容法
商品詳細はコチラ

正しいスキンケアとは?


今回は正しいスキンケアの方法と、
間違ったスキンケアの方法について紹介して行きます。

正しい知識を身につけて、いつまでも綺麗でいましょう。

正しいスキンケア

化粧水は洗顔後すぐに!

洗顔後直後から肌の水分はどんどん蒸発していきます。
うるおいを保つために、すぐに化粧水を付けること。
洗顔してからスキンケアまでの時間が長い方は、
洗面所に化粧水を置いておくのがよいでしょう。


手のひらでたたいて付けるのはNG!

肌はとてもデリケート。
肌の中へ浸透させようと手のひらでばんばん叩いてはその刺激で肌がダメージを受ける一方。
ハンドプレスする場合はやさしく手短に!


油分の多いものは最後に!

乳液などの油分の多いものを先に塗ってしまうと水分をはじいてしまい、
その後のステップの有効成分が肌の中に入っていかなくなってしまいます。
(化粧水→美容液→乳液→ケアクリーム)


間違ったスキンケア

ミスト化粧水で保湿はできない!

お化粧した上からでも使用できるスプレー式ミスト化粧水。
乾燥したオフィスや外出先のトイレで手軽にお肌の水分補給ができて便利ですよね。

でもこのミスト化粧水、実は肌を乾燥させる原因になっていたんです。

これは肌にスプレーした化粧水が蒸発する際に、
もともと肌に合った水分まで一緒に奪ってしまうためです。

化粧水は、あくまで水分補給のためだけのもので、肌に水分を閉じ込める効果はありません。

つける場合は、スプレーしたあとすぐに美容液を手のひらにとって広げ、
軽く抑えるようにしてつけると潤いを補うことができますよ。


肌の潤いを補うために水を大量に飲むのはNG!

口から摂取した水分は肌には届きません。

肌を潤すのは、皮膚の角質層にあるセラミドという物質。
これは新陳代謝により作られるため、水を飲むことよりも良質な睡眠をとることの方が大切です。

さらに、冷たい水は身体を冷やし血行不良を招きます。

血行不良になると、新陳代謝が悪くなり乾燥肌や肌荒れの原因になってしまうのです。
飲むなら常温、または温かい飲み物にしたほうがベター。


丁寧なクレンジングは乾燥のもと!

メイクは皮脂よりも落ちにくい油性の汚れです。

そのメイクを落とすクレンジング剤は、お肌に大きな刺激を与えるため、
長時間お肌のうえに乗せておくと、必要な潤いまで奪って乾燥肌を招きます。

だからといって、急いでクレンジングを済ませてきちんと洗い流さないのは大問題!

クレンジングのあと洗顔をするダブル洗顔はよくないと言われたこともありましたが、それは間違いです。

クレンジングの後は、化粧石けんでキレイに洗い流すことが重要ですよ。


長時間のシートマスクは逆効果!

長く肌に乗せていればいるほど効果があると思ってしまいがちのシートマスク。

実はこれは大きな間違いです。

肌の上に長時間のせていることがお肌への負担になることに加え、
マスクの水分が蒸発するときに肌の水分も一緒に奪ってしまいます。


リップクリームには治癒効果なし!

この季節、お肌以上に乾燥するのが唇。
ガサガサ唇は女子として失格!なんとしても改善したいところです。

唇には水分を保つ角質層が薄く皮脂腺がないため、
とても乾燥しやすいのです。

荒れた唇にはリップクリームというのが常識とされていますが、
実は普通のリップクリームの役割は保湿のみ! 
荒れた唇を治癒する効果はありません。

さらにメンソール入りのリップクリームは荒れた唇を刺激し、
さらにガサガサにしてしまいます。

唇の荒れがひどい場合には、皮膚科にかかるか医薬品の使用をおすすめします。


スキンケアに関しては賛否両論、さまざまな意見があるのは事実です。
ただ、しっかりと根拠があるものも多くあります。

間違えを起こさないためには、根拠がある、信用できる情報を取り込みましょう!



咲水スキンケアジェル

Copyright © 美容・健康情報館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。