糖質制限健康法 - 美容・健康情報館

実力抜群!必見!美容法

ボディスタイリスト大澤美樹『バストアップラボ』
商品詳細はコチラ

★日本初上陸!セレブ御用達の自宅で簡単バストアップ法
商品詳細はコチラ

数々のTVで紹介された驚愕の美容法
商品詳細はコチラ

糖質制限健康法

これもTVで紹介されていたのですが、

紹介した医師は55歳で体脂肪率8%というすばらしい体の持ち主です。

糖質制限というのは健康にとってはかかせないものです。

糖質制限ダイエット
糖質を含む食品の摂取量を減らして減量

糖質を制限することで中性脂肪の増加を防ぎ体を健康に保つことができます。

以下、紹介医師の生活を紹介します。


朝食

なんと水だけだそうです。
この医師は10年間も朝は水だけの生活をしているそうです。

ポイント@「1日2食 朝は水のみ」


9:00 診察開始

診察の合間にストレッチなどをして体を動かす


0:30 昼食

弁当の中身
・山盛りサラダ
・白身魚のマヨネーズ焼き
・アボカド
・焼肉
・もやしナムル
・卵と小松菜の炒め物
・高野豆腐
・インゲンのクリームチーズ和え

食べる順番がポイント
卵 肉 魚などのタンパク質を先に摂取する

胃液の働きで分解されるのでタンパク質から先に取る

おっっっ
「野菜を先に食べたほうがよいのでは・・・」

この医師が言うにはまったく逆だそうです。

ただし、糖尿病の人で血糖値を上げたくない人に関しては
1つの方法として良いそうです。

野菜が先だと胃液を薄くした状態でタンパク質をとるため、
タンパク質の分解が非常に悪くなるそうです。

そのため消化不良を起こしやすいそうです。

ポイントA「野菜ではなくタンパク質からとる」

上記のメニューには主食がないですが、
主食がなくても十分糖質をとっているそうです。

糖質は1日100gが望ましいとされています。

主食には100gあたり
食パン→44.4g
ご飯→36.8g
中華麺→27.9g
うどん→20.8g
の糖質が含まれているそうです。

野菜も根菜類は糖質がかなり入っており、意外と糖質を摂取しているものです。

上記紹介のでは30gの糖質を摂取しています。

紹介医師の目安は1日60gだそうです。これで十分だそう・・・


20:00 夕食

居酒屋で夕食をとります。

お酒は蒸留酒の焼酎などは糖質がほぼ0なので飲んでも平気みたいです。

ただし日本酒やビールは結構糖質を含んでいるんです。

そして次に頼んだのは「冷奴」

食べ方のポイントとしては醤油はかけないことだそうです。

次に注文したのが「白子ポン酢のポン酢抜き」笑
もはや頼む意味が・・・笑
まぁ素材の味を楽しむのもいいと思いますが・・・

ポイントB「ソースは使わずに塩コショウで味わう」

基本的には糖質さえ抑えれば何を食べても大丈夫みたいです。

タグキーワード
健康カテゴリの最新記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 美容・健康情報館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。